大人の英語学習|海外ドラマ「The good fight」で学ぶ今日の単語「note」と「memo」

【一言まとめ】英語のメモは通常「note」でmemoは社内文書。

海外ドラマでメモをとることを「take a note」と言っているが、字幕では「メモを取る」。日本人には紛らわしいです。

海外ドラマ「The good fight」で学ぶ今日の英単語 noteとmemo

「TOEIC L&R TEST でる単特急金のフレーズ」で単語の勉強をするようになってから、海外ドラマを見ていて単語が聞き取れることがあります。

今、Amazonプライムで「The Good Fight/ザ・グッド・ファイト」 (字幕版)をシーズン1から見ていますが、ふと単語が意味を持って耳に飛び込んてくることがあります。

勉強していてよかったと思う瞬間です。

The Good Fight/ザ・グッド・ファイト (字幕版)シーズン1のエピソード8で聞き取れたフレーズは「note」です。

ピソード8で、ダイアンが事務所で敵対する弁護士の訪問を受けた時、アシスタントのマリッサを同席させ、「メモを取らせるけどいいかしら」と確認します。

TEX加藤,(2017)『TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版』朝日新聞出版.

(p21)600点レベル 助走の400語 056 note 名 メモ

字幕では「メモを取らせる」とあるのに、メモとは聞こえず「take a note」と聞こえました。

不思議だなと思っていたら、「TOEIC L&R TEST でる単特急金のフレーズ 」の単語の解説に日本語のメモは英語では通常「note」とありました。

TEX加藤(2017),『TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版』朝日新聞出版.

(p31)600点レベル 助走の400語 107 memo 名 社内文書 memorandom の略で、社内文書や社内通達のこと。日本語の「メモ」は英語では通常note。


ちょっとした日米のビジネス文化、いや、日本人にとってはとても紛らわしい違いを知ることができて嬉しくなります。

今日は「TOEIC L&R TEST でる単特急金のフレーズ」101 updateから150 commercial まで進みました。