2020年の整理|冬至の日が過ぎて

クローゼットをリセットしてから、日々の暮らしと自分の頭の中が整理できてきました。
すっきりとしたお部屋で冬至の日を迎えられたことに感謝です。
スピリチュアルには詳しくありませんが、今年の冬至はとても大切だとyoutubeで盛んに言われていました。
2020年12月22日から「風の時代」になるとのこと。
うむ。よくは分かりませんが、それまでに自分を整理しておくとよいとありましたので、なんとなく時代の流れに乗っているようで嬉しいです。
クローゼットのリセットについてはこちらから⇒これで完璧!シニアのシンプルクローゼット

2020年の冬至は12月21日。実家の兄が庭で採れたゆずを持ってきてくれました。

冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなる日で、この日を過ぎると日が長くなります。
冬の朝日が嬉しく感じて、不思議と気持ちが明るくなっていきます。
古代の人たちが太陽の復活を祈るもの分かります。
冬至の日はゆず湯に入って体を温めるのが良いとされていますが、今の人は冬になるとカピパラさんが入るものと思っているかもですね。
写真は2019年12月伊豆シャボテン公園のカピパラさんのゆず湯です。気持ちよさそうですね。

また、一陽来復の時期でもあります。
一陽来復は冬が去り春が来ること、新年が来ることを意味しますが、悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうことでもあります。
2020年は何かと大変なことが続きましたが、この日を境に物事がよい方向に向かうことを願います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です