これで完璧!シニアのシンプルクローゼット

お片付けマニアのbeeblogはフィンランドのドキュメンタリー映画『365 日のシンプルライフ』に影響を受けて、クローゼットだけ真似た実験をしてみました。今日で完成です。
さて、このドキュメンタリー映画が題材となった『100日間のシンプルライフ』がもうすぐ公開。楽しみです。
詳しくは「『100日間のシンプルライフ』公式サイトまで
実験の9日目で思い出の品やアルバム、そしてどうしても捨てられないモノを戻し、10日目でクローゼットの配置を整えました。
これでシニアのシンプルクローゼットは完成です。うむ。すっきり!
私なりに使いやすい。

実験してみてよかったこと

実際には一日でも出来てしまいます。でもせっかくなので、映画を真似て一日ずつ戻すモノを決めて実行していました。
自分のことなのでゆっくりと考えることも大切かなと。
クローゼットだけですが、ちょっとした達成感はあります。すっきり感と心地よさ。
クローゼット一つでも達成感は味わえるので、一年かけて自分のモノを向き合った映画の主人公はどれだけの満足感を得られたのだろうと思います。
映画を真似た実験でしたが、結果は整理・収納の手順通りと同じになりました。
お片づけのエッセンシャルは世界中同じなのでしょう。
こんまりさんがアメリカで活躍されるのも納得です。
映画では自分に必要なモノを見極めることが目的なので、暮らしを整えることには触れていませんが、一つ一つ大切なモノを暮らしの戻していくので、とてもシンプルで暮らしやすいお部屋になっていました。
私の場合は、クローゼットをリセットしてこれからの生活を暮らしやすく、シンプルにすることが目的でしたので、私が行った整理・収納の手順とポイントを記しておきますね。ご参考まで。

整理収納の手順

整理・収納の手順は以下の通りです。ステップはいたってシンプルの3つだけなのですが、やるとなると大変。
1.モノを減らす2.分ける⇒3.納める

1.モノを減らす

フィンランドのドキュメンタリー映画『365 日のシンプルライフ』では「モノを減らす」=「自分に必要なモノは何か」を考え抜いて決めていました。
整理収納の難関はこの「モノを減らす」ということに尽きるのですね。いかにモノを減らすか。現代人にとって悩ましい限りです。
ただ、モノを選び抜いて、大切なモノを見つけるこの実験は範囲を限定すれは誰にでも再現性があると思うのです。
どうでしょうか。
私の場合は、10年間近くお片づけをしてきたので、モノは少ないですが、それでも不要はモノが溜まってきていたのでそれを取り除くことができました。

2.分ける

必要なモノが残ったら次は分けることになります。
ここでポイントは2つ
使用頻度別に分けること、一緒に使うものでまとめることです。
まず、使用頻度の高いモノ「療養セット」、「身だしなみセット」、「会社の持ち物セット」、日々のワンピースと使用頻度の低い大人のお付き合い用のモノ、ほぼ使用う頻度のない思い出の品と捨てられないモノと大きく二つに分けました。
また、毎日使う「療養セット」、「身だしなみセット」、「会社の持ち物セット」をグルーピングしてボックスに一まとめにしました。

3.納める

収納のポイントは「出し入れがしやすい」ことと「一目でわかること」です。
モノは使うためにあるので、使いやすく、モノの存在を忘れないよう収めます。
このクローゼットは左側を開けたままにして使うので左側に使用頻度の高いモノを使いやすいように納め、右側に使用頻度の低いモノを納めました。
そしてモノ一つ一つに住所を与えて、常に戻る場所を指定しました。
これで使ったものがテーブルの上に出しっぱなしになることを避けることができます。

【まとめ】10日間のシンプルライフ|クローゼット編

映画について詳しくはこちら⇒気になる映画|フィンランドのドキュメンタリー『365 日のシンプルライフ』
映画ではすべてのモノを倉庫に預けて、1日1個のモノを持ってくるルールとなっていますが、beeblogは10日間でクローゼットのリセットを完了させるので、大雑把に行きます。
0日目:まずはクローゼットのリセット詳しくはこちら⇒ワンピース暮らしのシンプルなクローゼット

1日目:クローゼットに戻したものは、会社に着ていく服一式、療養セット、身だしなみセット、会社に持っていくもの一式。
今日必要なモノは意外と少ないです。
詳しくはこちらから⇒ワンピース暮らしに絶対に必要なモノ|シンプルなクローゼット

2日目:年間の暮らしにないと困るモノは毎日のワンピースとPCです。
詳しくはこちら⇒ワンピース暮らしにないと困るモノ|シンプルなクローゼット

3日目:寒さ対策のために必要なモノはコート3枚です。
四季がある国では寒さ対策は必ですよね。
詳しくはこちら⇒ワンピース暮らしにコートの季節|シンプルなクローゼット

4日目:書類を戻しました。
自分に何かあった時に家族が困らないように、年金や保険の書類は紙媒体で残して一まとめにして分かるようにしています。
詳しくはこちら⇒書類と本|シンプルなクローゼット

5日目:本を戻しました
本に関しては、ミニマリストあるあるの本棚と本は持たない派です。
詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒書類と本|シンプルなクローゼット
5日間で暮らしに必要なモノを戻しました。これだけあれば日常は困りません。必要十分を満たしています。

6日目:大人女子のバッグたちを戻しました。
大人のお付き合いに必要なモノたちです。
普段はエコバッグやNORDACEのリュックで十分ですが、やはり法事やお食事会にはそれなりのバッグで出席したいです。
詳しくはこちら⇒大人女子のバッグ|濱野皮革工藝【HAMANO】|シンプルなクローゼット

7日目:大人のお付き合いに大切なワンピースとジャケット
詳しくはこちら⇒INEDのジャケットとワンピース|シンプルなクローゼット
ジャケットは黒と紺があるので、求められる場に応じて手持ちにワンピースに合わせたり、特別の日用のワンピースに合わせたりしています。

8日目:法事に必要なモノ
大人のお付き合いに法事はかかせません。法事に必要なモノはボックスに入れて一まとめにしておきます。
詳しくはこちらまで⇒法事は大切|シンプルなクローゼットまで

9日目・10日目で完成
実験の9日目で思い出の品やアルバム、そしてどうしても捨てられないモノを戻し、10日目でクローゼットの配置を整えました。
これでシニアのシンプルクローゼットは完成です。うむ。すっきり!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング

これで完璧!シニアのシンプルクローゼット”へ6件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です