NORDACEのリュック|入院も退院もお洒落にスマートに!

ミニマリストなのに自分の体(血液)に脂質をたっぷり溜め込んでしまい、心筋梗塞を起こしてしまったお片付けマニアのbeeblgです。

13日間の入院治療を経て退院しましたが、引き続き治療が必要とのことで再入院となりました。

2泊3日の入院治療で無事退院。

入院もスマートに!

入院の病室は4人床(差額ベッド代6,500円)。

事前にコロナのPCRと肺のCTの検査を受け、陰性を確認の上の入院です。

手術当日は家族への説明があるので、主人に来てもらいますが、入退院の行き帰りは一人です。

そのため荷物が若干増えましたが、でも大丈夫。

この日のための「NORDACEのリュック」です。

NORDACEのリュックについてはこちらから⇒ワンピース暮らし|NORDACEのリュック

心筋梗塞についてはこちら⇒【まとめ】心筋梗塞で入院|「心臓からのSOS」を見逃さないで!

なんとか荷物を詰めてみたのですが、洗顔料とシャンプーが入りきらなかったので、伊勢丹のエコバッグに入れました。

前回の入院の荷物についてはこちら⇒入院生活に必要なモノ40個

PCと電源があると、それなりに重くなりますが、ワンピースに十分背負えます。

さて、入院手続きを待つ間、みなさんがどんな様子で入院されるのかちょっと見ていました。

ご年配の方はご夫婦連れが多かったですね。荷物はボストンバッグ。

うむ。昭和感が漂ってきます。

50代~60代男性はお一人が多かったかな。荷物はやはりボストンバッグ。

ショルダータイプというよりは、ボストンタイプ。

おそらく出張であれば軽量タイプのスーツケースだと思うのですが、不思議とスーツケースの方はいなかったかな。

入院はボストンバッグって、ちょっと昔の邦画のシーンみたいだなって思いました。

退院のときにご挨拶するシーンって確かにボストンバッグ持っていますよね。

産科病棟は別なので、若いママ世代の入院の様子は見れなくてちょっと残念。

退院もスマートに!あれ、入院よりもちょっと重い

退院時にはお薬が処方されたのと、入院時より暖かく、ロングベストも荷物となりました。

ちょっと重いかな。

午前中の退院となったので、お昼はDEAN & DELUCA慈恵医大店で「大麦キーマカレー」にして、お薬も一緒に並べて撮りました。

DEAN & DELUCAを見渡してみると、軽量スーツケースの方が結構いらっしゃいました。

やはり、最近の傾向は軽量のスーツケースですかね。

31日分の7種類の服薬と自己注射3本。

お薬だけでも結構な量になりました。

11月の芝公園は紅葉がきれいで少しお散歩することにしました。

シニアでもNORDACEのリュックだと、きらきら女子みたいに旅行気分になれるのがいいです。

入院も退院もお洒落にスマートに!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です