ワンピース暮らし:ショート丈のカーディガン

【ミニマリストの独り言】9月に入りました。日中はまだまだは蒸し暑いですね。

今日はお客様へ伺うので、カーディガンを羽織ります。

二の腕を見せなくていい季節になるのが嬉しい今日この頃です。

お客様へ伺うので、カーディガンとA4サイズが入るバッグの組み合わせです。

シニアでミニマリストのワンピース暮らし

ミニマリストあるあるですが、着ない服は全て処分してあります。

フランス人に倣ってワンピース10枚で過ごすことを目指しています。

2020年9月現在、クローゼットを数えたら、ワンピースは15枚ありました。

【追記】2020年9月21日 半袖ワンピース1枚を手放しましたので、現在は14枚です。

春・秋・冬用は8枚、夏・秋用の半袖は6枚です。素足で着れる真夏用が2枚、ストッキングを履く前提の半袖のワンピースが4枚です。

どのワンピースも自宅で洗濯OK、アイロンがけなしの手間とコストがかからないものです。

今日のワンピース エジェリ(EGERIE)

今日のワンピースは エジェリ(EGERIE)フランスのインポートブランドだと思います。ジャージー素材でカシュクールタイプ。

カシュクール (フランス語:cache-cœur)とは、胸元が着物のように打ち合わせになった女性用の上衣である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/24 16:05 UTC 版)

3年前くらいに購入したもので、もとは長袖であったのを今年の冬に夏用に半袖丈にリフォームしました。

好みの半袖(袖丈20センチ前後:二の腕が見苦しくなく、通気性もある)にしたい時は少し着飽きた長袖や七分のワンピースを半袖にリフォームしています。

オフィス用の黒・ショート丈のカーディガン

オフィスの冷房対策、訪問用に黒・ショート丈のカーディガンを用意しています。

素材は綿とレーヨンの混合。

自宅で洗濯OK。アイロンがけなしの手間とコストのかからないものです。

春・夏・秋用のカーディガンは2枚です。

丈はショートとロングです。今日のカーディガンはショート丈になります。

カーディガンの選び方は大草直子さんの「おしゃれの手抜き」を参考しています。


成功させるためには、最後に羽織るカーディガンは、中途半端な丈ではなく、短いか長いか……大胆な選びが必要なのです。
大草直子(2013),『おしゃれの手抜き』,講談社.(p49)

大草直子さんの「おしゃれの手抜き」に書かれている通りにカーディガンを揃えるようになったら、ほんとうにコーディネイトが楽になりました。

プロの方のアドバイスは本当にすごいです。

ミニマリストのクローゼットとして必要最小限のコーディネイトには何が必要かを考えるようになって、50歳を過ぎてからですが、改めて「おしゃれとは何か」を考えるようなってよかったと思います。

シニアになってもおしゃれにあまり悩むことなく、それでいてそこそこ素敵に見えれば暮らしも楽しくなるのではと思う今日この頃です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング