ワンピース暮らし|袖を切ってリフォーム

冬至日が過ぎて、日は伸びてきましたが、寒さは厳しくなります。ワンピース暮らしの最も悩ましい時期到来です。
服を減らすにはどうすればいいのかを突き詰めていいった結果、私はジャージー素材のワンピース12着+シフォン素材のワンピース2枚の合計14枚で年間を過ごしています。冬も半袖、もしくは7分袖のワンピースで過ごします。コスパ最高!
でも、毎年寒さが厳しくなると思うこと、それは、「ワンピースは寒い!」です。うむむ。
秋冬用のワンピースは8枚ですが、平日のオフィスが暖かいので、通気性を考えて、半袖にカーディガンを重ね着しています。
これからしばらく服を買うのをやめてみることにしたので、使い勝手の悪かったワンピースを袖を切ってリフォームしました。

リフォームしたワンピースは『エジェリ(EGERIE)』フランスのインポートブランドです。
『エジェリ(EGERIE)』のワンピースの良さについてはこちらから⇒ワンピース暮らし:ポイントは袖のデザイン | お片付けマニアのbeeblog (5bee.net)

七分丈でお袖がひらひらしていて可愛いかったのですが、カーディガンを重ねると袖がボワット膨らんでしまって、重ね着ができず、汎用性が悪かったので、袖を切ってしまいました。
リフォームにかかった費用は5,500円です。
ジャージー素材の扱いには「インター仕上げ」費が別途かかるので、少しお高くなっています。
『エジェリ(EGERIE)』のワンピースは買うとセールでも10,000円以上はしてしまうので、5,500円かけて、ヘビーローテーションすることにしました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です