ワンピース暮らし|おすすめはフィフィーユ(Fifilles)真夏に選ぶワンピースのポイントは2つ

お片付けマニアのbeeblogは、2020年の9月の残暑をロングワンピース2枚で乗り切ります。

【半袖のロングワンピースのよいところ2つ】

1.ストッキングをはかなくても素足が見えない。

2.適度は半袖は通気性もよく、二の腕が見苦しく見えない!ここを詳しく!

2020年9月。朝、夕の風は涼しくなりましたが、残暑が厳しく熱中症に気を付けながら通勤しています。

オフィスカジュアルでの通勤が認められていますので、ワンピースOKです。

ミニマリストが選ぶ夏のワンピース
フィフィーユ(Fifilles)

ミニマリストあるあるですが、着ない服は全て処分してあります。

フランス人に倣ってワンピース10枚で過ごすことを目指してきているのですが、2020年9月現在、クローゼットを数えたら、ワンピースは14枚ありました。

春・秋・冬用は8枚、夏用の半袖は6枚ありますが、夏用の内4枚は、ストッキングを履く前提のワンピースとなりますので、素足で着れる真夏用が2枚ということです。

猛暑、残暑を乗り切るワンピースは2枚、どちらもフィフィーユ(Fifilles)フランスのインポートブランドです。

フィフィーユ(Fifilles)のジャージー素材のワンピースのよいところは、自宅で洗濯OKなこと。

クリーニングコストもかからず、アイロンがけなしの手間いらず。ほんと便利です。

真夏のワンピース選ぶポイント1 ロング丈

真夏のワンピース選びのポイントはストッキングを履かなくても素足が見えないようにロング丈であることです。

ショートソックスを履いてサンダルで通勤しています。

オフィスで素足が見えて失礼にならないよう、気をつけています。

ここ数年の流行がロング丈であるので、シニアとしては本当に助かっています。

真夏のワンピース選ぶポイント2 袖丈

ワンピースの袖丈にはいろいろと種類がありますね。

真夏でも二の腕が見苦しく見えないように、ある程度の袖丈があることがポイントになります。

私はネットではなく、ショップで試着してワンピースを購入しています。

ヘビーローテンションで着る服なので、デザインも重視しますが、袖丈にはこだわります。

ショップの方の「お似合いですね。素敵です。」の声には惑わされないように注意が必要です。

ひじ上だと暑いし、汗をかいたときに通気性が悪い。

短すぎると二の腕が見苦しく見えてしまう。

シニアになると、腕や足をなるべく見せないよう気を使います。

真夏を2枚で乗り切るにはこの2つのポイントははずせません。

ミニマリストあるあるですが、2枚のワンピースコーディネイトで真夏は毎日の仕事、お買い物、お食事、お出かけ、旅行のすべてをこなします。

法事などフォーマルなお食事会が入った場合は特別なワンピースですけど。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング