嫌いな家事1位|浴室掃除をプロにお願いするとき

お片付けマニアでも「浴室掃除」は悩ましいです。清潔と綺麗を維持するのが難しいのです。

そこで年2回、季節の変わり目の3月と9月にプロに浴室掃除をお願いしています。

2020年9月には「〈ベアーズ〉おそうじ美人」さんにお願いしました。

さて、他の人はどうなんだろうと思って調べてみると、「ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング」の調査結果がありました。

1位はやはり浴室清掃でした。みなさん嫌いというか大変なのだと思います。

ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング

ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング!551人にアンケート調査
株式会社ビズヒッツは、株式会社コロプラが提供するスマートフォンユーザー向けリサーチサービス「スマートアンサー」と共同で、20代~50代のワーキングマザー551人を対象に「嫌いな家事」に関する調査を実施。詳細はこちらhttps://media.bizhits.co.jp/archives/6331 )
調査概要
調査対象:全国のワーキングマザー
調査人数:551人回答者の年代:20代 24.0%/30代 26.0%/40代 26.0%/50代 24.0%
調査日:2020年9月1日
調査方法:インターネット調査(スマートアンサー)

ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング!551人にアンケート調査 https://media.bizhits.co.jp/archives/6331

調査結果によると嫌いな家事がある人は87.7%

ワーキングマザーに「嫌いな家事があるかどうか?」を質問したところ、87.7%が「ある」と回答。

50代では91.7%と年代別では一番高かったです。

シニアになると体力的なこともあり、また長年の家事労働で嫌いな家事があるのも納得です。

ワーキングマザーが一番嫌いな家事は「浴室掃除」

嫌いな家事があると答えた483名に、最も嫌いな家事を一つだけを挙げたランキングの1位が浴室でした。

浴室掃除はみんな嫌いというかほんとに大変なんです。

1位 浴室掃除
・カビ掃除が大変すぎる(23歳)
・排水溝などが汚い(33歳)
・面倒だし、汚いものを見るのが苦痛(38歳)
圧倒的に多かったのが、カビ取りや排水口の掃除が大変との意見。掃除をしてもすぐにカビやヌメリが発生するし、「汚いので見たくない、触りたくない」という声が多く挙がりました。ほかにも、掃除する範囲が広くて時間がかかる、中腰の姿勢が疲れる、夏は暑く冬は寒いといった意見も。

ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング!551人にアンケート調査 https://media.bizhits.co.jp/archives/6331

私もずっとお風呂を清潔に維持するにはどうしたらいいのか悩んできました。

綺麗で清潔なお風呂のイメージがショールームで見るバスユニットであったり、ホテルの浴室であったりします。

ホテルの浴室がきれいなのは清掃担当が毎日掃除しているからです。

銭湯やスパが清潔で綺麗なのもプロの掃除も賜物なのです。

浴室の掃除は浴槽の中を掃除すればいいのではなく、壁面、床、と掃除する面積が圧倒的に大きく、壁面と床はすぐカビが生えるし、排水口のヌメリもすぐ発生します。

プロの掃除の時間が1時間から2時間くらいかかるとすると、ワーキングマザーがそれほどの時間を毎日かけられる訳がなく、清潔を維持するのは一番難しい場所だと思っています。

ワーキングマザーで家事代行を利用したことがある人は7.3%

次に、家事代行や掃除代行の利用経験を聞いたところ、「ある」と答えた人は551人中40人とわずか7.3%でした。
ワーキングマザーの増加に伴い、日本では30年ほど前からサービスとしてスタートした家事代行ですが、利用している人はまだまだ少ないようです。
当アンケートにおける利用者の感想では、「自分が気づかないところまで綺麗にしてくれた」「さすがプロ」「また頼みたい」など、満足する声が多い一方で、お金がかかる家に入られることに抵抗があるといった声もありました。
また、利用経験がない人にとっては、「本来自分がすべき家事を他人にお願いすることに罪悪感や抵抗を感じる」という思いもあるかもしれません。

ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング!551人にアンケート調査 https://media.bizhits.co.jp/archives/6331

アンケート結果を見るとまだ7.3%の人しか掃除代行を利用していないとのこと。

確かに「お金がかかる」、「人に家にはいられることに抵抗がある」という意見も分かります。

私はお風呂掃除は個人では限界があると常々思っていました。

どうにもならないときはプロにお願い

浴室はプロが掃除して清潔と綺麗が維持できる場所だと思っています。

年2回季節の変わり目にプロにお掃除お願いして、その綺麗を維持するように日常の掃除をするようなサイクルです。

お風呂はほっておくと個人ではどうにもならないところまで来てしまう場所でもあるので、一度プロの手を借りることを検討してもいいのではないでしょうか。

おそうじ美人」は家事代行(日常の家事のお手伝い)やハウスクリーニング(専門清掃)のサービスを受けられるギフトチケットです。

タカシマヤ友の会で購入できるため、自宅用に使っています。

「おそうじ美人」
プロにまかせて楽ラクおそうじ
受け取った方が、家事代行(日常の家事のお手伝い)やハウスクリーニング(専門清掃)のサービスを受けられる『体験型ギフト商品』です。お掃除の他にも料理・洗濯・お買い物などをトータル 的にカバーし、「今」を輝きながら生きる現代人のライフスタイルを応援します。

〈ベアーズ〉おそうじ美人『体験型ギフト商品』https://www.happy-bears.com/osoujibijin/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です