化粧品の必要十分:夜だけ肌断食

【ミニマリストの独り言】もうシニアだし、お化粧するのはもう面倒だなと思う今日この頃です。

肌断食が流行ったころから便乗して、夜は「メイク落とし」と「洗顔」だけ。

朝は「洗顔」と「オールインジェル」に少しお化粧しています。

自分にとっての化粧品の「必要十分」とは

「必要十分」という考え方は、たっくさんの「必要十分生活」から学ばせていただきました。

「必要十分」というのは数学用語なのですね。理系ってすごいなあと心から尊敬してしまいます。

モノを減らす、持たないことにこだわるより、自分にとって何が必要なのか、最低限いくつあれば十分なのか、ワンピースの数も、お化粧品の数も生活用品の数など、自分にとって必要な数を考えるようにしています。

必要十分
分量や程度あるいは条件を満たす要素などが、過不足なく、潤沢ではないとしても一応は間に合っており、このままで事足りている、という状況を形容する言い方。多分に通俗的な表現。

 Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

たっく,(2015)「少ないモノで気分爽快に生きるコツ 必要十分生活」大和書房.

ちふれ化粧品に感謝

さて、お化粧品ってずっと「お高い」と思っていました。

基礎化粧品にメイクアップまで、種類もブランドも数限りなくて、お化粧品情報も洪水のように降り注いでいます。

コンプレックスを刺激する広告もあふれていて、本当に悩ましいです。

自分にとってのお化粧品の必要十分が分からず、ずいぶんと無駄なもの、高額なものを買ってきたのかもしれません。

50歳を過ぎたころに「ちふれ化粧品」と出会い、「高品質 適正価格良いものを、誰もが手にしやすい価格でお届けしたい。」という理念に感動しました。

「え、こんなにお安くていいの?」というのが正直な感想でした。

「え、これだけいいんだ」というのも学ぶことができました。

ちふれ化粧品には本当に感謝しています。

もっと早く出会っていたらと思い、娘には絶賛お勧めしています。

高品質 適正価格
良いものを、誰もが手にしやすい価格でお届けしたい。スキンケアは、無香料・無着色が基本。常に流通経路や包装の単純化、広告活動と生産体制の見直しを図り、お客様に使い続けていただきやすい価格を貫いています。
これらの活動は、ちふれが生まれた意味でもあり、今も大切にしてる想いです。

ちふれ化粧品 ホームページ https://www.chifure.co.jp/ ちふれの約束 2020/9/18

さて、シニアになったこともありますが、化粧品の数もさらに減っていき、今では夜はメイク落としと洗顔だけ。

肌断食というのが流行ったのに便乗しました。

朝は洗顔にオールインジェルに少しお化粧しています。

それだけで足りるのかと聞かれたら、はい、足りています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング