大人の英語学習|セブ島の英語学校に1週間

2018年の12月に休暇を取って、1週間セブ島のホテルに滞在しての英語レッスンを受けました。

【結論】1週間の英語学校の滞在に効果はあったのかと聞かれれば、自分の英語のレベルの把握には役立ったと思います。

セブ島の英語学校に1週間

私が行ったのは、フィリピンのセブ島の中心部セブシティにあるホテルに滞在してホテル内で英語のレッスンを受けるというものでした。

日本の経営する英語学校なので、生徒は日本人、先生はフィリピン人です。生徒の年代は様々、私のようなシニアも多かったですね。

海外赴任前に来ている方、退職して自分探し、自由業、海外で起業するなど若い世代の人たちは1か月以上の長期が多く羨ましく思いました。

みんなその後いい人生を切り開いているといいなと思います。

Level:High-Beginner

私の英語力はセブ島まで一人で行って、レッスン受けて帰ってくることはできるレベルです。

終了の時にもらったスコア表にはLevel:High-Beginnerとありました。

それでも1週間、拙いながらも英語を話していたので、少し自信がついたのですが、帰りの搭乗口でやっぱりまだまだと分かりました。

空港職員「Soes Off」

私「え、」

空港職員「クツヌイデ~」

私「はい」

文章で書けば分かるし、税関で靴を脱がされることもたびたびあるので、よくあることなのですが、「シューオフ」が聞き取れなかったです。

この時は自分の耳を疑うというか、自分の耳が嫌になりました。

コロナ禍で英語学校は一時閉鎖へ

2021年の1月で雇用契約が終了するので、少し長期で行こうと思っていたらコロナ禍で学校が閉鎖となってしまいました。

おそらく多くのセブ島の英語学校が一時閉鎖となっているのでしょう。

私のような一般人が海外に渡航できるようになるのはいつぐらいになるのか気になるところです。

CATHAYPACIFICが好き

セブ島には香港経由のCATHAYPACIFICで行きました。

若い世代の方は直行便でLCCのセブパシフィック航空を利用される方が多いようでした。またはフィリピン航空やJALなどですね。

CATHAYで香港経由の話をすると、「え、フィリピンに行くのにわざわざ香港?」となるのですが、時間はかかるけど少し安いのとアジアマイルがたまりやすいといのがありました。

いつかはCATHAYPACIFICで世界1周をするというのが夢でした。

CATHAYPACIFICのゴールドカード作ってマルコポーロクラブにも入りました。

次に海外に行くときはCATHAYPACIFICでマルコポーロクラブで優先搭させてもらって、香港のラウンジで飲茶いただくって決めていたのに。

コロナ禍で何も決められなくなりました。